360fly iOSのファームウエアアップデート

360fly のファームウェアアップデートプロセスについてご存知でない場合、開始する前にこの記事をお読みください: 360fly のファームウェアのアップデートのプロセスについて

はじめに、360flyの電源を入れます。 LEDが青に点灯したら、開始の準備ができています。

まず、360flyをモバイルデバイスに接続します。

次に、カメラのタブをタップし、次に設定のタブをタップします。

そして「アップデートの確認」をタップします。 WiFiネットワークではなく、360flyの接続している場合は、通信データを使用します。 アップデートが可能になったら、メッセージが表示されます。

ダウンロードが終了したら、ファームウエアファイルはあなたのカメラに入ります。 もしも360flyではなく、WiFiネットワークに接続していたらiOSの設定アプリに入るよう促され、360flyのWiFiネットワークに切り替えられます。

LEDが青の点灯から黄色の点滅に変わったら、アップデートが開始された合図です。

アプリでの最後のステップは、「終了」をタップしファームウエアのアップデートプロセスを終了することです。 完了すると、LEDが黄色の点滅から青の点滅へ変化し、その後青の点灯へ変わります。


他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください