ディレクターアプリケーションの進行状況バーについて

特定の操作、サムネイル処理とビデオをライブラリにコピーする時に、進行状況バーを使用します。

進行状況バー

1.360flyディレクターではサムネイル処理と、ビデオクリップのライブラリへのコピーについての進行状況を表すバーが現れます。

2. この進行状況バーは、ライブラリで見ることができ、メイン グリッド上で直接表示され、動画の現在の処理状況を示します。


3. このキューは、「ライブラリにクリップを追加」するときや、新しいビデオを作成する「トリミング」、ビデオの使用と保存をする「エクスポート」、またはカメラビューのデバイスに「接続」(サムネイル/期間処理) するときに表示されます。

4.もしも、キューを処理している間にディレクターと閉じようとした場合は、進行状況を示す通知が求められます。 これは、インポートの途中で偶発的なシャット ダウンを防いだり、ビデオが生成されている間にトリミングを行うためです。

  • ご注意:もしもサムネイルの処理中に360flyが誤って取り出されると、ディレクターに再接続したときに再開します。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください