Wi-Fi、Bluetooth LE接続

360flyはBluetooth LE(Low Energy Standard)とWIFIでモバイルデバイスと相互作用しています。

Bluetooth接続

360flyのセットアップ中にBluetoothを介してモバイルデバイスとペアリングし始めます。ペアリングされたBluetooth LEは360flyのファンクションをコントロールする際に使われます。

以下が含まれます ・360flyの電源オフ ・360flyの設定メニューへのアクセス ・録音のスタート/ストップ ・アップデート可能なファームウエアのチェック


WIFI接続

Bluetoothを介してペアリングされたら、WIFIのセッティングの一部として360flyのネーミングとパスワード設定に移ります。 WIFI接続は以下のことを可能にします ・ライブ動画の視聴 ・360flyに保存されている動画の再生 ・360flyに保存されている動画の編集 ・360flyからモバイルデバイスへの動画のダウンロード


トラブルシューティング

スマートフォンやタブレットがBluetoothと接続されない場合
最近工場出荷時のリセットを行っていれば、Bluetooth接続を試みる前に前回のBluetooth接続を忘却させる必要があります。 デバイスのBluetoothセッティングメニューへ行き、接続と忘却を行ってください。一度完了すれば、デバイスとペアリング出来ます。.

これらの動作ができない場合は、工場出荷時のリセットを試しセットアッププロセスを始めてください。

スマートフォンやタブレットがWIFIを介して360flyに接続できるかどうか?
360flyのWIFI設定が無効になっていないことを確認してください。Bluetoothを介してカメラに接続し、360flyのWIFIステータスを確認するために360flyアプリのカメラの設定メニューにいってください。

360flyが工場出荷時リセットをされている場合はセットアップを再度行う必要があり、デバイスに名前を付けWIFI接続のためにパスコードを加えてください。 セットアッププロセスが完了すると、WIFIを介して360flyに再接続されます。

WIFIパスコードを忘れた場合
パスコードをお忘れになった場合は、工場出荷時リセットを行い再度セットアップを行ってください。 工場出荷時のリセットについてはこちらを参照


他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください