工場出荷時の状態にリセットする

360flyを初期状態からやり直したいときは、360fkyを工場出荷時の状態へ設定するには、ファクトリーリセットを実行する必要があります。

ご注意:工場出荷時の状態へリセットすると、お使いのカメラの名前とパスワードがリセットされます。(下記参照)

*** これはディストラクティブリセットではありません。内部ストレージに保存されているコンテンツには影響しません。***


ファクトリーリセットの方法

1. ワンプッシュボタンを3秒押して360fly 4Kの電源を入れます。



2. デバイスの電源が入ったら、LEDが青に点灯します。ワンプッシュボタンを長押ししてください。


3. ワンプッシュボタンを押しながら、ペンやペーパークリップや鉛筆などの先が尖っていない細いものを使って、本体裏面にあるリセットボタンを押して離します。 1セット3回のバイブレーションが2セット繰り返されるまでワンプッシュボタンを押し続けます。6回目のバイブレーションが終わったらワンプッシュボタンから手を離します。




3. さらにバイブレーションが3回あり、その後LEDが黄色に点滅し始めます。LEDが青の点灯に変われば完了です。

4. カメラが起動するとLED が青色に点滅します。LED が青色に点灯したらプロセスは完了です。



ご注意:360flyのファクトリーリセット完了後、Wi-Fiパスワードは「00000000」にリセットされます。

以上でリセット完了です。

 

工場出荷時リセットを実行すると、Bluetoothが接続されないというお問い合わせがありました。そのようなことが発生した場合は、次の手順に従ってください。

まず、モバイルデバイスのBluetooth 設定に入ります。

次に、オプションを表示するためにiOSでは「i」、アンドロイドでは「歯車」をタップします。

そのデバイスを削除します。 Bluetooth をオフにし、Bluetooth を再び起動します。

最後に、 360fly アプリに戻りデバイスのセットアップを行ってください。

 


他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください